要介護の5の義母を在宅介護している我が家。

義母は気管切開と腸瘻・四肢麻痺の寝たきり状態です。

植物状態ではなく意識もしっかりあり、首から上は動かせます。

しかし気管切開をしているために声は出せません。

そんな義母を在宅介護して早13年目。

最近は介護環境も整い始め、夜勤ヘルパーさんも毎日入ってくれて、僕達夫婦もしっかり寝れるようになり助かっています。

ここ3年くらいは良いヘルパーさんにも恵まれて、毎晩自分たちの寝室でしっかり睡眠をとれるようにもなりました。

途中とんでもないヘルパーもいましたが、何とか新しいヘルプーさんも見つかり、現在まで継続できています。

途中のとんでもないヘルパーの話は以前に記事を書いていますので、よろしかった覗いてみて下さいね。


関連記事

【実話・こんなヘルパーは気をつけろ!】シリーズの記事を書き終えて⇒記事を読む


そして今回の大事件は介護ヘルパー日勤Bの件です。

前回の介護ヘルパー日勤Aの事件にも大変びっくりし、悔しく裏切られた感がありましたが、今回の日勤Bもなかなか負けてない事件です。



前日まで明るい顔で接し、急に消えてしまった介護ヘルパー 日勤B 20代男性

IMG_2619

当時の我が家には、火・土曜日と日勤に20代の男性の介護ヘルパー日勤Bが入ってくれていました。

若いのに気が利き、とても優しくやる気に満ち溢れていました。

しかしある朝、妻の電話に事業所の責任者Cから突然かかってきて


「今、日勤Bがまだ来ていないって〇〇から連絡があって、すぐに日勤Bに電話したんですけど繋がらないんです!」
(〇〇⇒前の日の夜から朝まで入っている夜勤ヘルパー)


と言うのです。

妻はその時自宅の2Fにいましたので、1Fの介護をしている部屋の状況が全く分からず、その電話で気づき義母の部屋まで下りていきました。

ヘルパー〇〇さんの話によると、朝の引き継ぎの時間になっても日勤Bが来なく、30分待っても現れなかったので責任者Cに電話したとのことでした。

その日は仕方なく妻と僕で義母を看たのですが、不思議な話です。

妻の話によると前回の日勤Bとの別れ際には


「また宜しくお願いしまーす。」


と笑顔で帰っていったそうです。

連絡も取れないなんて何かあったのかもしれません。

もしかしたら事故や病気!?

そんな心配をしながら責任者Cも


「これ以上連絡を取れないなら一度自宅まで確認に行ってきます。」


と言われたまま約2週間。

責任者Cからはそのヘルパーの安否の連絡もまだもらっていません。

夜勤ヘルパーさんは毎晩入ってくれているので我々の睡眠を確保できますが、妻は一切外出ができない介護缶詰の状態が、数年ぶりに戻ってきてしまったのです。

ついでに土曜日も夫婦2人で出かけることもできない状態になってしまいました。

あの日勤Bは大丈夫なのでしょうか!?

そして何も説明をしてこない責任者Cも大丈夫なのでしょうか!??

またそんな事業所に頼んでいる僕達は大丈夫なのでしょうか!???


一体どうなっているの・・??


世にも奇妙な介護物語が現在も続いております。






スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット